アメリカにかぶれたい

アメリカかぶれ(行ったことあるのはグアム、ハワイ、サンフランシスコのみ)が日々の出来事、好きなことについて思いを語っています。服、古着、カメラ、自転車の話が多めです。

MENU

妄想旅行フェリー編。東京から宮崎にフェリーで行きたい!

 

フェリーに乗ってみたいのです。とっても。

 

旅行に行くときの移動手段といえば、車、電車(新幹線)、飛行機が三大移動手段でフェリーってめったに乗る機会が無いと思うんです。

 

フェリーに乗ってみたいと思ったきっかけは、2月にカクバリズムのアーティストさんたちが集まって作ったフェリー会社のCM & MV。

これを見た私はフェリー気持ちよさそう、船旅をしてみたい!と思ってしまったわけです。

www.youtube.com

 

そこで!

東京から出発、目的地は九州は宮崎県、ここまでフェリーでの船旅をしたい。というプランを調べて妄想をしてみます。


なんで宮崎かって、単純に南国気分を味わいたいからです。笑


結論から言うと、残念ながら東京-宮崎間を直通でつなぐフェリーは現在ないんですが、横須賀-福岡を繋ぐフェリーがあるのでそちらを利用して宮崎までのフェリー旅といきましょう!

 

<目次>

 


フェリーを使って東京から宮崎まで行きたい!その方法は?

冒頭にも書きましたが、東京-宮崎を直通で繋ぐフェリーは2022年現在ありませんでした。
代わりに神奈川の横須賀-福岡を繋ぐフェリーがあるので、東京から九州への移動はそちらを利用。
福岡-宮崎間は車での移動を考えます。

横須賀-福岡のフェリー便を提供しているのが「東京九州フェリー」さんです。
横須賀フェリーターミナルから福岡の門司港までをフェリーで繋いでくれています。

tqf.co.jp

 

<フェリーの時間とかかる日数>

フェリーの便は基本的に一日一本。
運航ダイヤは横須賀:23:45発 → 門司港:翌日21:00着です。
船内での滞在時間はおよそ21時間。船に乗り込んで寝て、翌日一日を船上で過ごす感じ。

<福岡:門司港から宮崎への車の移動距離、時間>

福岡から宮崎への移動はレンタカーを使用します。
新門司フェリーターミナルから宮崎(今回は青島到着)まで高速を使って約4時間半(!!)。
遠くない?笑

福岡への到着は21時ですので、福岡に一泊して次の日に移動が良いのかな?
到着時間がちょっと遅いのでお店は限られてきてしまうかもしれませんが、福岡グルメを楽しむのも良いですね。
翌朝出発してお昼ごろ宮崎県に到着したい。
ここまでで横須賀を出発してから2日ほどで宮崎県に到着です。

 

宮崎を観光する日と帰りも同様のスケジュールと考えると、全行程で5日or6日くらい必要そうな感じでしょうか。

フェリーでの船旅、何ができる?

東京九州フェリーのホームページで見てみると、フェリー船内には展望大浴場やカラオケ、ジムやレストランもあります。

船の進行方向に展望ルームもあるし、もちろんデッキにも出られるので気分も最高であること間違いなし。

tqf.co.jp

tqf.co.jp



寝泊まりする部屋はいくつかグレードがあり、旅の目的、お好みに合わせて選ぶことができます。
結構快適そうでいいなー…

tqf.co.jp

20時間の空の旅ならぬ海の旅。めちゃくちゃ楽しそう。

 


気になる費用は?

基本の運賃が安い時期で片道12000円。高い時期でも18000円です。
これでもツーリストAという大部屋にはなりますが一人一つカーテンで仕切られたベッドがあり、コンセントやリーディングライトもあり必要なものはばっちりそろっています。



ミニマルな旅で良ければ往復最安で24000円でフェリーの旅が楽しめちゃう。

フェリーを満喫できるように二人で泊まれるステートという部屋を考えると、これは運賃にプラスで32000円かかります。

この場合の片道の基本運賃は44000円です。(往復88000円)

 

一人部屋の個室だと片道運賃プラス6000円で乗れますので、安く済ませたいけど大部屋は嫌というひとにはかなりいい選択肢かもしれません。

 

これにプラスで福岡から宮崎で使う分のレンタカー(1泊2日分)、福岡(1泊)と宮崎(1 or 2泊)でのホテル代が必要になります。

レンタカーの1泊2日の料金が平均14000円ぐらい、ホテルがそれぞれ一泊一部屋20000円くらいが相場なのかな?

最安での移動、宿泊費用は運賃(大部屋)、レンタカー、ホテル合計で約8万円くらいでした。

 

さいごに

宮崎で観光することを考えると日数は最低で5日必要。

費用は最安だと8万円くらいですが、これはフェリーの部屋が大部屋の場合なので、もう少し大きくて個室の部屋となると値段が少し上がります。

この記事を書いているうちに、時間と費用のハードルが想像より高くて挫けそうになりました。笑

大型連休のとき、リフレッシュ休暇のときに行けると良さそうですねえ。

 

妄想旅行フェリー編にお付き合いありがとうございました!