アメリカにかぶれたい

アメリカかぶれ(行ったことあるのはグアム、ハワイ、サンフランシスコのみ)が日々の出来事、好きなことについて思いを語っています。服、古着、カメラ、自転車の話が多めです。

MENU

現行のGAPも悪くない②

 

こんにちは、アメリカかぶれです。
今日も元気にかぶれています。

 

以前、オールドギャップばかりもてはやされて、現行のGAPが不遇な扱いを受けている。
というような話を書きました。

yasuakichang.hatenablog.com

 

別に、この記事を書いた=現行のGAPが大好きってわけでもないんですが、あの記事を書いたことで現行のGAPに謎な愛着が湧いてしまい、どうしてもオールドギャップしか目に入らない層をギャフンと言わせてやろうと、またもや調子の良さそうな現行GAPを購入したので写真を載せていきますね。

 

今回はリネン100%のオープンカラーシャツ。これ、雰囲気がとってもいいんです。
リネンのシャツっちゃあ、シワもできるし洗濯にも多少気を使うしで面倒くさいんですが、それを我慢してでも着たくなるような、妙なセクシーさ、かっこよさがある気がします。
オープンカラーの白だと特に。
こんがり焼けた肌、濡れた髪によく合いますよ。(常時髪の毛濡れてる人なんていないでしょうけど。)

 

丁度いいオープンカラーのリネンの無地白シャツなんぞ、古着で探しても意外と見つからないんじゃないでしょうか。
ラルフローレンのCaldwellなんかだと、異常に高いですし。(先日古着屋で18000円でしたね。)
キューバシャツもいいなと思いつつ、柄がない方が好きなんだよなーと常々思ってましたので。

 

ただ178cmが着るにはLサイズだと着丈がちょっと長いので、タックイン or お直しに出すのがちょうどいいかなと。
むしろおしゃれ好きの方達はタックインに抵抗がないでしょうから、タックイン前提のサイズだと思えば丁度いいかもですね。

レトロな雰囲気もありながら、リゾート感も出るんですこれ。


これが現行のGAPなわけです。
お値段セールかかって3500円。オールドギャップと値段変わらないんじゃないでしょうか。
私個人的には、ビンテージで値段が高いのは理解できるとして、レギュラー古着&現行に同様のラインナップもあるもので新品と同じような値段ものは全く理解できないので、これなら状態の良い新品を着るという選択肢も出てくるはずです。


シャツはシワの手入れがめんどくさくて、以前まで綿100% or ワークシャツしか持ってなかったんですが、夏の焼けた肌にシルク、リネンのシャツという組み合わせが妙にかっこよく見えてここ数年気づけばそんなシャツを買ったり着たりすることが多いです。

 

現行でも良いものはたくさんありますので、是非探してみてくださいね。

ただいま(2022年7月10日現在)、最大60%オフのセール中です。

www.gap.co.jp

 

ーーーーー

↓↓こちらも是非よろしくお願いします!

 

 

yasuakichang.hatenablog.com

yasuakichang.hatenablog.com

yasuakichang.hatenablog.com

yasuakichang.hatenablog.com

yasuakichang.hatenablog.com